2010年05月13日

ホリエモンの有料メルマガ 読者急増で1億円ゲット間近(J-CASTニュース)

 ホリエモンこと堀江貴文さんが、自身の有料メールマガジンからの売り上げが年間1億円に達しそうだ、と明かしている。ブログやメルマガで稼ぎたいという人は昔からいるが、儲かったという話はあまり聞かない。ホリエモンはどうやって高収入を得たのか。

 ホリエモンが有料メルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」を始めたのは2010年2月。月に4回、毎週月曜日に配信している。経済情報から芸能界の裏話まで、ブログに書きたいことは山ほどあるが、タダで公開するのはもったいない、と思いついた。内容は国会議員との対談や、強制執行を受けた時の様子、かつて社長を務めたライブドアが韓国企業に買収された事に対する意見などが書かれている。

■月840円に「お得感」を持たせている

 2010年4月30日付けの朝日新聞電子版「メディア激変24」のインタビューにホリエモンが答えている。

 それによると、有料メールマガジンは月額840円。ここで培ったノウハウを広げて新しいメディアを作りたいと思っているそうで、

  「すでに数千人の読者がいて、今年中に1万人はいくはず。そうなれば売り上げだけで年ざっと1億円になる」

と皮算用している。

 ホリエモンに聞いてみると「2010年中に売り上げ1億円になる可能性があるのは確かだ」という答えが返ってきた。ポイントは有料購読者をいかに増やすか。そのため、出演するすべての媒体や、ブログ、著書、トークライブなどで自身のメルマガをアピールしているのだという。

 そして、「徹底的に読者サービスをすること。読者からのクレームや要望をできるだけ早く実現することなどを心がけている」

と説明する。メルマガのQ&Aコーナーでは簡単なコンサルティングをしていて、月840円に「お得感」を持たせている。

■購読料月2万1千円というメルマガもある

 ただし、有料メルマガ開始間もなく1万人の読者に達するのは、ホリエモンならではの情報、分析があるからで、普通の人が簡単に高収入を得るのは至難の業だ。

 ホリエモンが使っているメールマガジン最大手「まぐまぐ」の広報によると、有料メルマガで年1千万円稼いだり、これだけで生計を立てている人は結構いるという。購読料は月に100円からで、額は筆者が決める。中には購読料が月に2万1千円という例もある。投資情報が週に1回更新されるメルマガだ。

 また、購読料の60%が筆者に支払われため、単行本と比べれば高収入が期待できるとし、サラリーマンを辞めてチャレンジする人もいるそうだ。

  「読者が増えればそれだけ収入に結びつきます。高収入を得るポイントはどれだけ独自の情報を発信できるかです」

と同社広報は話している。


■関連記事
「なぜ自分のところにだけ」 強制執行に ホリエモン憤慨 : 2010/03/11
「若者に起業勧めるのは嘘つき」 ひろゆきがホリエモンに反論? : 2010/03/16
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず : 2010/05/06
今蘇る、江藤淳さんから「小沢一郎」への遺言 : 2010/05/06
中小企業の部長と大企業の課長 給料高いのは? : 2010/05/06

<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
トラックにはねられ、自転車の85歳男性死亡 さいたま市岩槻区(産経新聞)
普天間で官房長官らと協議=首相(時事通信)
鳩山首相、ぶら下がり短縮「この程度が望ましい」(産経新聞)
殴打後ひきずった跡=自宅周辺に血の付いた足跡も−私立校教諭殺害・宮城県警(時事通信)
posted by ノト サダコ at 08:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

あしなが募金に理解を 高校無償化… 育英会が影響懸念 (産経新聞)

 ■奨学生、授業料以外の支払い困難

 交通事故や病気で親を亡くした遺児たちの進学資金支援を目的とした「あしなが学生募金」が、24日から全国で行われる春の活動で40周年、通算80回を迎える。一方、主催する「あしなが育英会」(東京)では、今回は高校授業料無償化の影響で募金が減るのではないかと心配している。授業料以外にもさまざまな教育費が必要になるにもかかわらず「募金はもう必要ないのでは」という声も寄せられているといい、担当者は「引き続き必要だということを理解してほしい」と呼びかけている。

 あしなが学生募金は、昭和45年に前身の「秋田大学祭募金」として行われて以降、年2回のペースで続けられてきた。近年は不況の影響が心配されたが、平成21年度の募金額は18年度の1・2倍となる3億6275万円。一方、21年度の奨学金申請者数は、18年度より239人多い2819人に達した。

 40年間の募金総額は約91億円で、延べ約8万人の遺児の進学を助けてきた。だが、高校授業料無償化の政策が具体化するとともに、あしなが育英会には寄付の必要性を疑問視する声や、支援者から「無償化を機に辞退したい」という連絡が寄せられているという。

 同会によると、奨学金を受けている遺児世帯の約6割は、すでに授業料免除の措置を受けており、無償化の直接的な恩恵はない。一方、教育費としては授業料以外にも、通学定期代や教材費、修学旅行の積立金などさまざまな費用が必要となる。文部科学省の平成20年度調査によると、授業料以外に必要な教育費は、公立高生で年間平均約25万円、私立高生で約47万円にのぼるという。

 「授業料が減免されている家庭では、授業料以外の費用の支払いが困難なため、奨学金を受けている。無償化になってもこれまでと現状は変わらない」と、同会の工藤長彦理事。「制度自体がきちんと理解されないまま、無償化という言葉だけが先走りしているのではないか」と懸念する。

 奨学金申請者の7割を占めていた高校の奨学生は、昨年度は65%に減少。工藤さんは「皆さんのおかげで募金を続けてこられたが、さらにご支援いただければ」。街頭募金は24、25日と5月1、2日に、大阪・難波の高島屋前や神戸市のJR三ノ宮駅前、京都市の四条河原町交差点など全国200カ所で行われる。問い合わせは同会(TEL078・453・2418)へ。

自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
<JR北海道>IC乗車券で無賃乗車 グループ会社の6人(毎日新聞)
ローソンに脅迫文、現金要求=カッター刃商品との関連捜査−警視庁(時事通信)
全国学力テスト浸透、大阪府は参加率96.4%(産経新聞)
自民・小池氏が離党届提出(時事通信)
posted by ノト サダコ at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。